シンポジウムの開催方法について

コメント付の記事のサンプルとして、メールで配信されました「シンポジウム開催について」の意見を記事とコメントで書いてみます。コメントの書き込みの練習も兼ねて、役員の皆さまの書き込みをお願いいたします。

鈴木会長からのメール

荒川流域ネットワーク理事の皆様
お世話になります。荒川流域再生シンポジウム開催について、皆様のご意見を伺いたいと思います。新型コロナウイルスの流行が続いているため、この騒動が落ち着くまで大勢の参加者を募る集会は控えた方がいいと思います。主催者のみが集まり、報告を配信するようにしたらどうかと考えます。大熊さんにお手数をお掛けしてチラシを発送して貰いましたが、そこも考慮しないと思います。荒川上流河川事務所と県土整備にも事情を説明しなければいけないと思います。開催方法について皆様のご意見をお聞かせください。
鈴木勝行

“シンポジウムの開催方法について” への12件の返信

  1. 鈴木様、皆様へ
    宮﨑です。
    シンポジウムについての配信をありがとうございます。

    ◆「シンポジウムは中止」の案内を運営委員会では10日の予定でしたが、早く発信した方がよいと思います。可能ならば、案内チラシを送付した方々にも連絡できるとよいかと思います。

    ◆「主催者が集まり、報告の発信」について。
    それなりの準備が必要なので、実行不可能かと思います。
    私たちの報告(金澤さん、山本さん)については、準備されたPDFをHPにアップしたらいかがでしょうか。
    とにかく、学校も公共施設も戸閉状態の中で、それに準じた動きしかできないのではないかと思っています。
    20数年間続けてきたシンポジウムをお休みするのはとても残念ですが止むをえないと思います。
    皆様、ご理解くださいませ。

  2. 鈴木様、宮﨑様、皆さまへ

    シンポジウムの開催についてのお二人のご意見を拝聴させていただきました。早急に対応を決める必要があると思われます。そこで実現方法について私なりに感想を書かせていただきます。

    ◆「主催者が集まり、報告の発信」について

    YouTubeライブなどを使えば可能ではあると思います。しかし、相撲などの実況と異なり、文字資料を含むプレゼンテーションを理解可能な形で配信するには、それなりの機材と準備が必要だと思われます。

    また、主催者側も多くは高齢者ですので、集まること自体や会場までの交通機関利用にも危険があるといえるかも知れません。

    ◆「報告資料のHPアップ」について

    報告資料やプレゼンテーション資料(パワーポイントやPDF)の内容をHP上の記事としてアップすることはできます。期間を限定してこれらの記事にコメントの書き込みを認めて、質問を受け付けるという対応をとることもできます。

    金澤さん、浅井さん、山本さん、渡邉さんだけでなく、荒上の方や埼玉県の鈴木さんにもプレゼンテーション資料の提供をお願いできないでしょうか?もちろん原稿料をお払いしてということになると思いますが。

    一通り報告が揃い、質疑応答もできれば、シンポジウム開催に近い効果を期待できるのではないかと思いますがいかがでしょうか?

    なお、記事へのコメントは、なかなか書き込まれないものですが、一人書き込めば後に続く人が出てきます。その意味では役員の皆さんに書き込んでいただくことが有効であると思います。

    1. 鈴木さま、みなさま

      入間市では、第二弾の感染症対策として、人が集まる場は、規模の大小にかかわらず中止または延期と通知されました。市の施設も、軒並み閉鎖という事態になりつつあります。

      こうした事態や連日のテレビ報道からみる世間の動向から、荒川ネットのシンポジウムも、残念ながら中止は止むを得ないと思います。

      代替えの手段として、佐藤さんの意見に賛成です。理事も高齢者が多いので、しばらくの間は集まるのも控えた方がよいと思います。よろしくご検討のほどお願い申し上げます。

      木内勝司

  3. シンポジウムの中止は賢明な判断だと思います

    今回のウィルスは高齢者を狙い打ちですので高齢化した主催者の集まりも
    見送っても良いのではないでしょうか?
     
     善後策はひと息ついてから考えたらと思いますが
    シンポジウムチラシをお送りした92か所には土曜日には中止連絡を修すべきだと思います。
    ご同意を得られれば私がハガキで明日にも中止の連絡を発送させて頂きます

     大熊 勝

  4. 皆さまのご意見に賛成です。
    残念ですがこのご時勢、シンポジウムの中止は止むをえないと思います。
    主催者のみの集まりも避けた方が安全だと思います。
    ご検討よろしくお願いいたします。
    山本実穂

  5. 「シンポジウムを中止した方がよい」とのご意見が大方の方から寄せられています。会場のキャンセルをしたいと思いますが、よろしいでしょうか。宮﨑

    1. 皆さまのご意見を見ますと、会場を使うイベントは無理だと思われます。私は会場キャンセルで良いと思います。

  6. みなさま
    本日中にキャンセルをしたいと思います。なお、大熊様からの電話では、シンポジウムの案内を送付した方への中止の案内の準備をはじめ一両日中に送付したいとのことでした。

  7. 3月22日、国立女性教育会館をキャンセルしました。
    「中止」ということで、各所への連絡、HP、FBへのアップ等
    よろしくお願い「いたします。

  8. 「シンポジウム中止のお知らせをFBにも掲載」の件、了解しました。
    連絡をありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

captcha